会社設立から助成金申請まで、北海道での起業・独立・開業を応援します

あなたの夢は助成金の対象になるかもしれません

助成金の詳細はこちら無料助成金相談会開催中
電話お問い合わせ0133-73-5153受付平日8時30分~17時30分メールフォームからのお問い合わせ

利用できる助成金のご紹介

地域再生中小企業創業助成金(業種限定あり)

地域雇用開発助成金

対象
北海道内で、新たに事業所を設置・整備または創業した企業(事業主)
助成金金額
  • 対象労働者の人数と事業所の設置整備に係った費用に応じて1年当たり40万円から900万円が最大5年間支給されます。

受給資格者創業支援助成金

料金体系
初回無料、企業・会社設立、助成金の無料相談
会社設立助成金パック
株式会社設立 298,000円 助成金成功報酬 受給額の15%
合同会社設立 148,000円 助成金成功報酬 受給額の15%
会社設立助成金オールコミコミパック
株式会社設立 318,000円 助成金成功報酬 受給額の15%
合同会社設立 168,000円 助成金成功報酬 受給額の15%
起業助成金受給のポイントは?
なんといっても受給要件の確認

 助成金が受給できるかどうかの最大のポイントは、支給の要件に当てはまるかどうか? これに尽きるといえます。本来であれば助成金を受給できたはずの事業主さんが、事前に助成金の要件を確認せずに会社を立ち上げ、従業員を雇ってしまったおかげで、受給できなかったなどというケースもざらにある世界です。
 起業助成金を狙う場合は、特に起業・会社設立の前段階から助成金の支給要件に沿った開業計画を進めることが必須といえます。

当事務所に委託いただくメリット(1)

 当事務所では全ての案件において無料相談からはじまる面談を行わせて頂いております。開業準備段階を経て会社設立から助成金申請までをトータルにサポートすることにより、助成金の受給要件に沿った事業のスタートを切っていただきます。
 また、既に会社を立ち上げてしまったお客様でも、条件によってはお勧めできる助成金がございますので、お問い合わせください。

書類の保存

 助成金を申請する際には、申請書の添付書類として雇用契約書や賃金台帳・出勤簿などの労務管理に関する書類や、見積・領収書や契約書、総勘定元帳や金銭出納簿などの会計帳簿などが必要です。
 毎日の営 業活動の中で自然に作成・整理することができれば一番ですが、申請直前になって書類に不備があり、あわてるケースも良くあるようです。

当事務所に委託いただくメリット(2)

 申請までに会社で準備しなければならない必要書類について、事前に詳しくご案内させていただきますので、ポイントを絞り込んだ書類の整備をしていただけます。
 また、支給申請期間については、定期的に訪問を行い、書類整備の状況をチェックさせていただきます。

法律に違反しない会社の運営

 起業時の助成金に限らず、厚生労働省系の助成金は従業員を採用することが前提となっています。したがって、労働保険(雇用保険・労災保険)の加入など、労働関係法令に基づいた事業運営が義務付けられます。
 また、従業員の採用後は、出勤簿による勤怠の管理はもとより、雇用契約書の締結・就業規則の作成や、各種労使協定の作成など、労働基準法に適合した労務管理が必要となり、助成金申請時や監査の際に提示が求められることもあります。

当事務所に委託いただくメリット(3)

 人事労務関係のコンプライアンス整備は当事務所が社会保険労務士事務所として最も得意とするところです。
 助成金申請レベルでの各種手続、書類の作成・運用は安心してお任せください。

電話お問い合わせ0133-73-5153受付平日8時30分~17時30分メールフォームからのお問い合わせ

当事務所では会社設立助成金パックご利用のお客様には原則として、
社労士顧問契約をおススメしています。
その理由は・・・

 社内で労務トラブルが生じてから社会保険労務士を探し始めても、一刻を争う中では解決のタイミングを逃してしまうかもしれません。また、経営者の皆様はただでさえ忙しいわけですから、労務トラブルが起きていても、通常業務を優先しがちです。このような状況に置かれて冷静な対応が可能でしょうか? 時間の経過によってリスクが拡大していくことを考えると、トラブルが起きたときにいつでもすぐに相談できる顧問社労士の存在は、今後の企業のリスクマネジメントの面からも欠かせないものといえるのです。

メリット2迅速な対応

 顧問先の会社の実情を把握できていなければ、社会保険労務士に相談しても適切な解決策が得られないかもしれません。当事務所は担当制を採っておりますので、日常業務を通じ継続して報告・連絡・相談していただくことにより、担当者は顧問先の会社の事情について精通していきます。日頃からの信頼関係が構築されることから、イザ!労務トラブル!といったときにも迅速な対応をとることが可能です。

メリット4労務管理コストの削減

 当事務所の平均的な顧問料20,000円(税込21,000円)は、20万円の月給の総務社員1名を雇ったときの社会保険料会社負担分(約27,000円)よりもはるかに廉価です。社員1名を雇った際のコストは、人材育成に係る経費や福利厚生費、社会保険の会社負担分などを含め、支払う給与額面の1.8倍とも言われております。労務管理業務をアウトソーシングすることにより、必要以上の労務コストの削減を図ることができるのです。
 余計なコストをかけずに済むうえ、外部に人事労務の専門家を置ける環境は、企業にとって大きなメリットとなるものです。社会保険労務士の顧問料は全額税法上の経費計上ができます。

メリット4タイムリーな情報収集

 労働関係法令の改正は、毎年といってよいほど頻繁に行われています。総務・人事に関する専従部署を置いている会社であっても、労務に関する最新情報を常に入手することは難しいものです。例えば新しい助成金制度ができて、会社がその条件にあてはまっていたとしても、その情報を知らなければ何の役にも立ちません。
 ご存知のとおり、これまで以上に情報が持つ価値や役割は重要なものとなってきています。当事務所では、日常の業務で把握した会社の実情にあわせて、タイムリーな情報提供を行っています。もう、助成金のもらい損ないはありません!

各種助成金対応・格安料金・安心サポート

設立や助成金を利用するにあたり、スピーディーな対応で、説明もわかりやすく、丁寧な対応をしていだだきました。
わからない事があっても、来ていただけるので安心して相談ができます。
本当にありがたいです。

知り合いの紹介で、独立開業からご相談にのってもらっています。
納得いくまで、しっかりと説明してくれますし、迅速な対応で助かっています。
助成金の知識も抜群で、本当に頼んでよかったです。
これからもよろしくお願いします。

本当に仕事が出来る事務所だと思います。
助成金にかなり精通していて、スムーズに進みました。
労務関係の相談にものっていただき、対応がしっかりしているので、本当に助かっています。


会社設立助成金パックの流れ
1お問い合わせ>2無料助成金相談>3ご説明とご契約>4事業計画申請>5会社設立手続き>6従業員採用・労働保険適用手続き>7支給申請手続き・支給決定>8助成金入金
お問い合わせメールフォーム

簡単な質問からでも、まずはお気軽にお問い合わせください!
ご希望の連絡先に折り返し返答をさせていただきます!

基本情報
開業予定の業種
氏名 ※必須
ふりがな ※必須
電話番号(携帯電話可) ※必須
Eメールアドレス ※必須
Eメールアドレス(確認) ※必須
希望の連絡方法
その他
ご希望・ご質問がありましたらご記入下さい

入力内容を今一度ご確認の上「確認」ボタンを押してください